桑名


Notice: Use of undefined constant url - assumed 'url' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/kuwana/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant title - assumed 'title' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/kuwana/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant body - assumed 'body' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/kuwana/index.php on line 143
桑名宿
桑名宿(くわなしゅく、くわなじゅく)は、東海道五十三次の42番目の宿場である。現在は三重県桑名市。脇往還佐屋街道もここから分岐していた。徳川四天王の本多家のほか、各松平家の大名が藩主を務めた桑名藩の城下町でもある。 江戸時代後期の調査では、本陣2軒、脇本陣4軒、旅籠屋120軒を擁し、家数2,544軒、人口8,848人(男4,390人、女4,458人)であったと記録されている。東海道では旅籠屋数で宮宿に次ぐ2番目の規模を誇った。 宮宿とは、東海道で唯一の海上路である七里の渡しで結ばれ、伊勢国、および、伊勢参りの玄関口となっていた。 江戸時代の宿場町は揖斐川沿いにあったが、関西鉄道桑名駅が宿場町の西側に設けられて以降、市街地は西にシフトした。 話し言葉(方言)において木曽三川が東京式アクセントと京阪式アクセント(関西式アクセント)の境界であることから、桑名宿は東海道における京阪式アクセント地区最東端の宿場町となっている。 (by SimpleAPI:WikipediaAPI)
まだレポートはありません。

免許証を入れて購入するお酒の自動販売機

2009年10月24日 (土)│C(1)

最近はホテル内の自動販売機で缶ビールを買うのが日課になっているが、そういえば、最近あまりお酒の自動販売機を見ない。


【宿泊】セントラルホテル(桑名)

2009年10月23日 (金)│

桑名には駅前中心にいくつものビジネスホテルがあるが、なるべく東海道からはずれないところということで、ここを選んだ。

この日は宮から桑名までの25キロ前後の道をただただ歩いたのでかなり足が痛かった。が。