吉田


Notice: Use of undefined constant url - assumed 'url' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/yoshida/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant title - assumed 'title' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/yoshida/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant body - assumed 'body' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/yoshida/index.php on line 143
吉田宿
吉田宿(よしだしゅく、よしだじゅく)は、江戸時代に設定された東海道五十三次の江戸側から数えて34番目の宿場である。現在の愛知県豊橋市中心部に相当する。 慶長6年(1601年)の伝馬朱印状があり、東海道が設定された当初からの宿場であった。江戸の日本橋より西方73里(約287km)に位置し、東の二川宿とは1里20町(約6.1km)、西の御油宿とは2里20町(約10.5km)離れており、町並は23町30間(約2.6km)の長さがあった。征夷大将軍の徳川将軍家の老中・大坂城代・京都所司代格の大名の吉田藩の所領であり、吉田城城下町と湊町(吉田湊、船町)を合わせた宿場町であった。表町12町と裏町12町の計24町で宿を構成されており、本陣が2軒、脇本陣が1軒、旅籠は65軒あった(1802年)。戸数は約1,000軒で人口は5,000から7,000人ほどであった。本陣のあった札木町(豊橋市札木町)は吉田城大手門のそばにあり、また人馬継立の問屋場もあった(現在のNTT西日本三河支店のあたり)ため、中心として賑わった(最寄りの交通機関は豊橋鉄道東田本線札木停留場)。 (by SimpleAPI:WikipediaAPI)
まだレポートはありません。

【宿泊】ジェントリーホテル豊橋(豊橋)

2009年10月18日 (日)│C(2)

吉田宿は豊橋市内中心部にあり、本陣跡などが集まるあたりも大通りになっていて、宿場町の名残は残っていない。

そのまさにど真ん中あたり、本陣跡の並びにあるのが「ジェントリーホテル豊橋」。他にもたくさんビジネスホテルがあるが、東海道ウォークならここが便利だと思う。