戸塚


Notice: Use of undefined constant url - assumed 'url' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/totsuka/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant title - assumed 'title' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/totsuka/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant body - assumed 'body' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/totsuka/index.php on line 143
戸塚宿
戸塚宿(とつかしゅく、とつかじゅく)は、東海道五十三次の5番目の宿場である。東海道では相模国最東端の宿場町である。 相模国鎌倉郡(今の神奈川県横浜市戸塚区)にあった。日本橋から旅程がちょうど一泊目にあたり、旅籠数が五十三次中、小田原宿に次ぐ規模であった。当初、保土ヶ谷宿の次は藤沢宿であったが、上記の理由から戸塚にも宿屋が増え、客を奪われることを恐れた藤沢宿の猛反対を押し切り、幕府公認となった。 吉田町、戸塚町、矢部町の三町からなる。見附は、現在の吉田町ダイエー前と戸塚町大坂下にあり、品濃町と原宿町に一里塚が残る。大山道、鎌倉街道、厚木街道などと交差する要衝であった。幕末の黒船来航の際には、避難民が逃げてきたといわれている。 本陣 澤辺・内田の二軒の本陣があった。澤邉本陣跡には屋敷神であった羽黒神社が現存している。内田本陣跡は戸塚郵便局になっている。 備考 戸塚宿にちなむ川柳「佐野の馬 戸塚の坂で 二度転び」:鉢の木物語のパロディで、「いざ鎌倉」と馳せ参じた老馬が鎌倉目前の戸塚で転んだ、という意味。 (by SimpleAPI:WikipediaAPI)
まだレポートはありません。

戸塚宿上方見附跡

2009年10月 5日 (月)│

こちらは京都よりに設置された見附の跡。


戸塚という地名の起源となった「富塚八幡宮」

2009年10月 5日 (月)│C(1)

戸塚は、この「富塚八幡宮」の「富塚」からきている。

平安時代に立てられた由緒ある神社。

入り口に設けられたその由緒によると、社殿後方には、富属彦命(とつぎひこのみこ)の古墳があるという。「相模国造二世孫」とあり、この神社の御祭神にもなっている。


生たらこわさび

2009年10月 5日 (月)│

戸塚駅のどこかで朝食とる予定が、10時前でぜんぜんお店が開いていなかったので、とりあえずコンビニでおにぎりを。

ちょっと高い「生たらこわさび」にしてみたら、わさびがよく効いてて辛い!でもなかなかおいしかった。


横浜市指定無形民族文化財~お札まき

2009年10月 5日 (月)│

これは八坂神社。

仏閣神社はそんな興味ない人なので割とスルーなんだけど、ここ何か惹かれるものがあって階段をあがってきると、「お札まき」という踊りに関する解説板があった。

読んでみるとなにやら面白そう。


戸塚宿の澤辺本陣跡~いまも澤辺さんが現住?

2009年10月 5日 (月)│

大きな表示があって一発で見つけられた本陣跡。
奥にある石碑は、「明治天皇戸塚行在所址(あんざいしょあと)」。

今でも天皇訪問などあると、こうした記念碑たてたりするのかしらん。


戸塚駅すぐ横の開かずの踏切

2009年10月 5日 (月)│C(1)

東海道は、戸塚駅のすぐ横で線路をまたぐんだけど、この踏切が開かないのなんのって!

朝9時台で、朝の通勤タイムだったというのもあるけど、久しぶりにここまで長時間開かない踏切を体験した気がする。

やっと開いたと思ったら、数歩でまた「カンカンカン」。
大変だなあ~。


浮世絵で有名な戸塚の「吉田大橋」

2009年10月 5日 (月)│

歩いていたらいきなり目の前に大きな浮世絵が書かれた解説板がありびっくり。しかもこの浮世絵は見たことがある!!!

というか、今も絵葉書で持ってる!


戸塚宿~江戸方見附跡

2009年10月 5日 (月)│

ファミリーステーキハウス「フォルクス」の前にあるのが、江戸方見附跡。

宿場の江戸寄りのほうにある見附だ。


【宿泊】戸塚温泉~ラジャの湯

2009年10月 4日 (日)│

藤沢まで歩く予定がたどりつけず、戸塚駅周辺でビジネスホテルを・・・と思っていたが、携帯で調べたところほとんどない!

暗くなってきたのにまずいなあと思っていたら、目の前に「戸塚温泉 ラジャの湯」の看板。電話してみると、仮眠室もあり朝まで滞在できるとのこと。やった~!東海道からははずれるが、500mと距離もさほどない。


戸塚一里塚

2009年10月 4日 (日)│C(1)

日本橋から10里目に設置された一里塚の跡。

国道拡幅で姿を消したとのこと。