白須賀


Notice: Use of undefined constant url - assumed 'url' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/shirasuka/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant title - assumed 'title' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/shirasuka/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant body - assumed 'body' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/shirasuka/index.php on line 143
白須賀宿
白須賀宿(しらすかしゅく、しらすかじゅく)は、東海道五十三次の32番目の宿場である。現在の静岡県湖西市白須賀。遠江国最西端で、且つ、現在の47都道府県でも静岡県最西端の宿場町である。西の加宿境宿で売られていた柏餅は、白須賀宿の名物として有名だった。 元々は海岸近くにあったが、宝永4年(1707年)に発生した宝永地震と津波により大きな被害を受けたため、その後潮見坂の上の高台にある現在地に移された。天保年間の記録では旅籠が27軒と、宿場としては中規模である。 宿場が廃止された後の1889年に白須賀町が成立、1955年に湖西町(現在の湖西市)に編入された。 明治の東海道本線敷設では、東の新居宿(静岡県湖西市新居町)から白須賀宿へ至る潮見坂の勾配が蒸気機関車運転の障害となり、浜名湖沿岸の鷲津経由となったため、街の発展はなく、現在も一部に当時の家並みや面影を残している。 (by SimpleAPI:WikipediaAPI)
まだレポートはありません。

二川宿本陣資料館

2009年10月18日 (日)│C(1)

二川宿では本陣の遺構が残っている。
時間もなかったので、さっくり見て通過しようかと思っていたら、なにやらすごい規模で、思わずはまってしまった。


東海道五十三次を「走っている」グループに出会う!

2009年10月18日 (日)│

おんやど白須賀では、もうひとつ印象に残る出会いがあった。自分たちがお茶飲んで休憩しているところに、「いやーきつかった」といいながら、汗だくのランナーが次々入ってきた。


おんやど白須賀でshiroyagiさんに会う!

2009年10月18日 (日)│

汗だくでたどりついたおんやど白須賀。

着く直前にすれ違った車が戻ってきて、後ろの窓からいきなり声をかけられた。

「わださん、○○です」