大津


Notice: Use of undefined constant url - assumed 'url' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/ohtsu/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant title - assumed 'title' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/ohtsu/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant body - assumed 'body' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/ohtsu/index.php on line 143
大津宿
大津宿(おおつしゅく、おおつじゅく)は東海道53番目(→東海道五十三次)の宿場で、現在は滋賀県大津市。東海道五十三次中最大の宿場。 車石の敷設 江戸時代、大津と京都を結ぶ旧東海道の区間では牛車の往来をスムーズにするために道に「車石」と呼ばれる花崗岩の石が敷かれた。明治時代に馬車の利用が進むと車石は撤去され、撤去された車石は石垣などに利用された。 最寄り駅 西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線 大津駅 京阪電鉄京津線 上栄町駅大津宿から三条大橋までは、京阪電鉄京津線および京都市営地下鉄東西線が並行している。 史跡・みどころ 露國皇太子遭難之地 - ロシア帝国皇太子ニコライが警備中の巡査に斬りつけられた大津事件の史跡。司法権の独立を守った判決で歴史に残る。 札の辻 - 高札が立てられた場所。東海道と北国街道の分岐点でもあった。 本陣跡 - 明治天皇の行幸にも使われ、それを示す石碑が建つ。 関蝉丸神社 下社 - 時雨灯籠は国の重要文化財。三条大橋までの史跡・みどころ 関蝉丸神社 上社 逢坂常夜燈 逢坂山関跡 料亭かねよ 月心寺 大谷蝉丸神社 髭茶屋追分・大津宿内 山科 六地蔵 三条通 道標 天智天皇陵 亀の水不動 南禅寺 蹴上発電所 粟田口 青蓮院 知恩院 高山彦九郎像 隣の宿 東海道 草津宿 - 大津宿 - (髭茶屋追分) - 三条大橋             │             └─── 伏見宿(伏見街道・奈良街道) 参考文献 『中山道を歩く』 児玉幸多 著 中公文庫 1988年 ISBN 4-12-201556-1 脚注 関連項目 大津算盤 大津絵座標: 北緯35度00分21.5秒 東経135度51分41.1秒 / 北緯35.005972度 東経135.861417度 / 35.005972; 135.861417。 (by SimpleAPI:WikipediaAPI)
まだレポートはありません。

大津宿をてくてく

2009年10月30日 (金)│

ずっと東海道を歩き続け、だいたい分岐点でも迷うことなく東海道沿いを歩けるようになっていたのに、この大津宿では、石場駅近くの二股のところでわからなくなり、「ここでいいのかなあ」と自信ないまま歩くことになってしまった。

結局、一本道間違えていたんだけどね。


木曽義仲と芭蕉の墓所がある「義仲寺(ぎちゅうじ)」

2009年10月30日 (金)│C(2)

木曽義仲と芭蕉の墓所がある「義仲寺」は東海道沿いにある。大津宿の中心、札の辻跡の1キロほど手前だ。

入口も、そして中に入ってもそんなに大きくはなく、渋~いお寺だ。