水口


Notice: Use of undefined constant url - assumed 'url' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/minakuchi/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant title - assumed 'title' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/minakuchi/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant body - assumed 'body' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/minakuchi/index.php on line 143
水口宿
水口宿(みなくちしゅく、みなくちじゅく)は、東海道五十三次の50番目の宿場である。現在は滋賀県甲賀市。 石橋を境に、東側は道が三筋に分かれた宿場町、西側は水口城の城下町で道が鍵の手になっていた。 最寄り駅 近江鉄道本線 水口石橋駅 史跡・みどころ 東見付跡 高札場跡 問屋場跡 からくり時計 水口城跡 水口城資料館がある。城跡は滋賀県指定史跡。 甲賀市水口歴史民俗資料館 水口図書館に併設。曳山祭や宿場に関連した展示がある。 力石 小坂町の曲がり角にある。江戸時代から知られていて、浮世絵師国芳が錦絵の題材に使っている。 真徳寺 表門は、水口城内の家臣屋敷の長屋門を移築したもの。 林口一里塚跡 五十鈴神社の境内にある。 石部宿までの史跡・見どころ 北脇縄手 東海道の整備で、曲がりくねった道が直線状に改修された。かつては両側の土手に松並木があり、美しい景観が保たれていた。 柏木公民館 東海道を記念する鐘楼のモニュメントがある。 泉一里塚跡 改めて整備されたもので、元は現在地より野洲川よりにあった。 (by SimpleAPI:WikipediaAPI)
まだレポートはありません。