池鯉鮒


Notice: Use of undefined constant url - assumed 'url' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/chiryu/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant title - assumed 'title' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/chiryu/index.php on line 143

Notice: Use of undefined constant body - assumed 'body' in /home/sites/heteml/users/a/w/d/awd/web/tokaidowalk/chiryu/index.php on line 143
池鯉鮒宿
池鯉鮒宿(ちりゅうしゅく、ちりゅうじゅく)は、東海道五十三次の39番目の宿場である。歴史的仮名遣いでは「ちりふ」。現在の愛知県知立市に位置する。江戸の日本橋から約330kmで、当時およそ10日間かかったといわれている。 馬市が立ったことで知られており、歌川広重の「東海道五十三次」にも「首夏馬市」として描かれている。 毎年首夏(陰暦四月)、陰暦4月25日〜5月5日頃に開かれていた。 また三河地方の特産品であった木綿市も開かれていた。 1604年(慶長6年)頃の家康の命によりその10年ほど後にでき当時は並木八丁と呼ばれた街道沿いの松並木は、馬をつなぐためにも使われていた。 戦後も残っていたが昭和34年の伊勢湾台風で多くの古松が倒されてしまったため1970年(昭和45年)に幼松158本の補植が行われた。 明治時代に馬市は松並木から慈眼寺(山町桜馬場)へと移動、牛市・鯖市に移り変ったが昭和に終了した。 最寄り駅 名鉄名古屋本線 知立駅 史跡・みどころ 知立神社 三河国二の宮。 (by SimpleAPI:WikipediaAPI)
まだレポートはありません。